アラフォーからのサーフルアー

40過ぎのおやじがサーフルアーを始めました。主に仙台周辺のサーフで、ヒラメやマゴチを狙っています。晩酌の肴のために、今日もサーフを歩きます。

7.14釣行 痛恨の2バラシ!

暑いですね〜。
akkiです。


夕方から、いつものサーフへ。
熱中症対策をがっちりして行ったもの、サーフに下り立つと、肌寒い!
大潮満潮、しかも東寄りの風ということで、海からの湿った風が歓迎します。
こうした日は、ベイトの接岸の可能性も高く、期待できます。



第1投、ルアー着水、フォール時からすぐにアタリが!
ガンガンガンッ!
大きく合わせて、ロッドに重みがのります。
首振りの感じから、マゴチだとすぐに分かりました。
が・・・
ランディングに失敗し、目の前で去っていきました〜。



すぐに何投かすると、今度は、波打ち際でヒット!
と思いきや、これも近くでフックアウト。
イシモチか、チーバスの感じでした。



その後も、バイトが連発。
ちょうど、時合いだったのでしょうかね。
しかし、いずれも合わせきれず、納竿としました。



魚とやりとりを楽しんだ、充実の1時間でした。



今回も前回も、ヒットルアーは、やはり「ガンガンジグ30グラム」
去年も今年も、ホームではやはりこれですね。


横の離岸流に乗せて、流しながらゆっくりと巻きます。
着水時か、最終ブレイクラインでのヒットが目立ちます。


「もう、これだけでいいんじゃない?」
という感じになってきました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。