アラフォーからのサーフルアー

40過ぎのおやじがサーフルアーを始めました。主に仙台周辺のサーフで、ヒラメやマゴチを狙っています。晩酌の肴のために、今日もサーフを歩きます。

いつもの海底を歩く!

ちょっと薬が効いてきたakkiです。


今週末も、肘痛のため釣りをあきらめました。
釣りはできないけど、いつものサーフにお散歩というか、勉強をしに。


せっかくなので、普段なら絶対に行かないであろう、ど干潮の時間帯に行きました。
しかも、超ベタ凪。
最終ブレイクラインと思われるところを歩きます。
結構なかけ上がりになっていることが分かりました。




満潮時は、この一段高くなっているところまで波がきま〜す。




去年、実績のあったポイントです。
ご覧のとおり、ヨブになっています。
写真ではわかりにくいですが、その手前側は深く掘れています。
そして、足元までかけ上がりとなっているのです。
しかも、右側(河口付近)から左側への潮の流れあり。
シーバスなんかは、この手前の部分でよくヒットしました。




そのポイントを高いところから。
初めてみる景色〜。




そして、河口付近。
なんとひと筋の溝を発見!
サーフの海底の地形なんて、皆同じだろうと思っていましたが・・・
数々の地形変化を目の当たりにし、驚きました。
まさに「怪我の功名」でしょうか。
釣りができないおかげで、すごく勉強になりました。


腕が治るまで、とにかくサーフに通い続け、知識を蓄えていきたいと思います。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。